腹部のリンパ腫にコルディと抗がん剤、オゾン療法を併用し病状をコントロールしている症例のご報告をいただきましたのでご紹介いたします。悪性リンパ腫は抗癌剤の反応も良い傾向がありますが薬剤耐性や副作用の問題があります。コルディを服用することで長期に癌をコントロールできている例も少なくありません。

犬のリンパ腫にコルディを使用した例(ヨークシャーテリア)

情報提供:たかすの丘どうぶつ診療所様

犬のリンパ腫リンパ球が癌化した悪性の腫瘍で、発生する組織により多中心型リンパ腫縦隔型リンパ腫消化器型リンパ腫節外型リンパ腫皮膚型リンパ腫などいくつかの型に分類されます。

リンパ腫はの一種ですが、リンパ球が癌化した血液のがんで抗癌剤治療のプロトコールが決まっており、抗癌剤治療で一時的に腫瘍が縮小したりQOL(生活の質)が改善することも珍しくありません。

リンパ腫は他のがんと比べると抗癌剤(化学療法)の反応が良い傾向があるため、動物病院では治療の第一選択肢として抗癌剤が勧められる事が多いと思います。
抗癌剤を投与することでリンパ腫が寛解に持ち込めることも少なくありませんが、抗癌剤治療の問題は副作用があることと、治療を続けていると必ず薬剤耐性となってしまし効果が無くなってしまう時が来ることです。

抗癌剤治療を勧められたら、ぜひ以下の記事をご一読ください。
そして、抗癌剤治療時にはぜひ免疫対策と体力維持の為の食事療法を行っていただきQOL(生活の質)改善を目指してください。

抗癌剤関連記事

今回、ヨークシャー・テリアの子の腹部に発生したリンパ種にコルディとオゾン療法、抗癌剤を併用した使用例について報告をうけましたので、ご紹介いたします。

【悪性リンパ腫:コルディ、オゾン療法、抗がん剤の併用】

犬種:ヨークシャー・テリア (ハッピーくん)
cimg0003
性別:雄
年齢:2005年7月10日生まれ

2016年5月2日

体表リンパ節が腫大、腹部の内出血があるとのことで来院。5日後に左膝窩リンパ節を摘出、病理検査にて悪性リンパ腫との診断。

時々呼吸が荒くなることから、5月14日よりコルディの服用とオゾン注腸法(週1回)と隔日のステロイド投与を開始。

7月に脾臓の腫大が確認され、上記治療に加え、抗がん剤も数回使用。

2016年12月10日

元気食欲ともに問題なしとのことです。
飼い主様もQOLが維持できていることを喜んでいただいているようです。

病院様からは、コルディ、オゾン療法、西洋医学の夫々の良いとこ取りが出来た結果、元気に過ごせていると思うとのお言葉を頂いております。

【弊社より一言】
抗がん剤は強い副作用を伴うお薬のため、副作用で弱ってしまい命を落としてしまうこともあります。
コルディとオゾン療法を併用することで、悪性リンパ腫治療時の抗がん剤の副作用をカバーでき、QOLが維持できていたのだと考えられます。


コルディのご相談やご使用に関してご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。

監修獣医師:林美彩  所属クリニック:chicoどうぶつ診療所

代替療法と西洋医学、両方の動物病院での勤務経験と多数のコルディの臨床経験をもつ。 モノリス在籍時には、一般的な動物医療(西洋医学)だけでは対応が困難な症例に対して多くの相談を受け、免疫の大切さを痛烈に実感する。
ペットたちの健康維持・改善のためには薬に頼った対処療法だけではなく、「普段の生活環境や食事を見直し、自宅でさまざまなケアを取り入れることで免疫力を維持し、病気にならない体づくりを目指していくことが大切である」という考えを提唱し普及活動に従事している。

メールアドレスの入力だけで簡単にコルディ資料請求
コルディ電話TEL:048-474-0813
コルディメール相談

リンパ腫の症例報告
リンパ腫の関連記事