犬や猫、ペットの肝機能が悪くなった時に国産SPF豚由来プラセンタキス末を1ヶ月~2ヶ月程与えることで症状改善が期待できます。今回、動物病院より症例報告をいただいたのでご紹介します。

犬の肝機能・腎機能低下への国産SPF豚由来プラセンタキス末の使用例

情報提供:塩田動物病院様

【肝機能・腎機能低下:国産SPF豚由来プラセンタキス末】
犬種:チワワ
性別:14歳
年齢:去勢雄
国産SPF豚由来プラセンタキス末試用期間:2017年7月20日~

治療経過

2017年5月25日、元気食欲不振、嘔吐もあったため来院。腎臓と肝臓昨日の改善薬を処方。
7月3日も食欲不振、嘔吐あり、血液検査で腎臓と肝臓の数値に異常値がみられたため(BUN 61、Cre 1.99、GOT 590、GPT 3288、ALP 9337)、引き続き改善薬の処方。
また、心雑音も見られたため、アピナックも同時に処方。

7月20日に元気食欲廃絶、下痢を主訴に来院。国産SPF豚由来プラセンタキス末を処方。
8月24日、元気食欲良好。アピナックからフォルテコールプラスに処方変更。

9月21日、体調安定、血液検査でも改善が見られている。

7月3日 8月3日 9月21日
BUN(尿素窒素) 61 281 185
Cre(クレアチニン) 1.99 3.63 2.3
GOT 590 51 31
GPT 3288 128 40
ALP 9377 1517 367

肝機能改善にプラセンタ

肝臓や腎臓の働きが低下している子に国産SPF豚由来プラセンタキス末を与え改善するケースは少なくありません。
1ヶ月~1ヶ月半ほどの短期間で効果判定もできます。

国産SPF豚由来プラセンタキス末のご相談やご使用に関してご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。

監修獣医師:林美彩  所属クリニック:chicoどうぶつ診療所

代替療法と西洋医学、両方の動物病院での勤務経験と多数のコルディの臨床経験をもつ。 モノリス在籍時には、一般的な動物医療(西洋医学)だけでは対応が困難な症例に対して多くの相談を受け、免疫の大切さを痛烈に実感する。
ペットたちの健康維持・改善のためには薬に頼った対処療法だけではなく、「普段の生活環境や食事を見直し、自宅でさまざまなケアを取り入れることで免疫力を維持し、病気にならない体づくりを目指していくことが大切である」という考えを提唱し普及活動に従事している。

メールアドレスの入力だけで簡単にコルディ資料請求
コルディ電話TEL:048-474-0813
コルディメール相談

症例報告
あわせて読みたい