肛門嚢アポクリン腺癌の発生は稀ですが、ひとたび発生した場合は極めて進行が速く悪性度の高いがんです。今回、肛門嚢アポクリン腺癌の疑いがある犬にコルディを投与し元気や食欲が回復した一例の報告をいただきましたので紹介いたします。

 

上皮性悪性腫瘍への使用例

情報提供:塩田動物病院様

【上皮性悪性腫瘍:コルディとステロイドの併用】
犬種:ボーダーコリー
性別:雌
年齢:14歳
コルディ使用期間:2016年8月20日~2017年1月13日

治療経過

2016年8月8日、肛門脇に40×60mmのシコリを発見、抗生物質の服用を開始するも、シコリに変化なく、同月17日に細胞診で上皮性腫瘍(肛門嚢アポクリン腺癌の疑い)と診断。

同月20日より、コルディとステロイドの服用を開始し、10月12日からはアンチノールも併用。

一時期腫瘍の縮小が見られたが、ステロイドを切ったところ、11月28日に再発が見られた。
その後、元気食欲問題なく、排便もスムーズに行えていたが、12月28日に呼吸喘鳴、痙攣の症状が見られる。
2017年1月4日、咳や鼻汁があるものの、元気食欲は問題なかったが、1月13日に午前中に食事を食べ、散歩にも行っていたが、午後に永眠。

亡くなる直前まで食事も食べ、元気でいられたことに飼い主も満足されていた。
身体に負担をかける治療ではなく、コルディでQOL維持を目指す選択は高齢の犬や猫にはベターな選択だと思われる。

【弊社より一言】
肛門嚢アポクリン腺癌は稀に起きる病気で、主に雌での発生率が高い病気です。
腫瘍の成長はスピーディーで、腰部のリンパ節への浸潤も強く見られます。排便困難になることも多いです。
進行が早い腫瘍を患いながら、最期まで元気食欲と言った一般性状を保ちQOLの維持が出来たのは、コルディのサポートがあったからではないかと考えられます。


コルディのご相談やご使用に関してご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。

監修獣医師:林美彩  所属クリニック:chicoどうぶつ診療所

代替療法と西洋医学、両方の動物病院での勤務経験と多数のコルディの臨床経験をもつ。 モノリス在籍時には、一般的な動物医療(西洋医学)だけでは対応が困難な症例に対して多くの相談を受け、免疫の大切さを痛烈に実感する。
ペットたちの健康維持・改善のためには薬に頼った対処療法だけではなく、「普段の生活環境や食事を見直し、自宅でさまざまなケアを取り入れることで免疫力を維持し、病気にならない体づくりを目指していくことが大切である」という考えを提唱し普及活動に従事している。

メールアドレスの入力だけで簡単にコルディ資料請求
コルディ電話TEL:048-474-0813
コルディメール相談

症例報告
あわせて読みたい