犬の肛門嚢の中にあるアポクリン腺が癌化したのが肛門嚢アポクリン腺癌です。急速に進行し、リンパ節への転移もしやすい悪性の腫瘍(がん)ですが、免疫の取り組みを行う事で体調が改善したりQOL(生活の質)を維持し元気食欲を回復させる事はできると考えています。実際コルディで免疫対策をすることで犬の癌をコントロールできた例は多数あります。

このページではアポクリン腺癌の特徴や原因や症状、治療法、改善・完治のヒントなどをまとめました。改善例も多数紹介しています。皆様の心の支え、希望の光となることができれば幸いです。

犬の肛門嚢アポクリン腺癌とは?

犬の肛門の両脇(肛門を中心として、4時と8時の位置)には、肛門嚢(こうもんのう)という分泌物を貯留する袋があります。
この肛門嚢の中にあるアポクリン腺という部分が腫瘍化する病気を『肛門嚢アポクリン腺癌(肛門嚢腺癌)』といいます。
高齢の雌で多く見られる悪性腫瘍で、発生後の腫瘤の増大スピードは急速、腰部のリンパ節への浸潤も強いです。

高齢の雄で見られる肛門の腫瘍には、『肛門周囲腺腫』があります。
男性ホルモンの影響で発症する、良性の腫瘍です。
肛門周囲腺腫に関しては、こちらをご覧ください。⇒犬の肛門周囲腺腫

 

犬の肛門嚢アポクリン腺癌の原因

高齢の雌犬に多く発生しやすいと言われていますがはっきりとした発生の原因は明確にわかっていません。

犬の肛門嚢アポクリン腺癌の症状

しぶり(頻回に便意をもよおす状態)、会陰部を気にして舐める、血便、腫瘍が増大してくると、排便障害や疼痛などが見られます。
また、高カルシウム血症(血液中のカルシウム濃度が異常に高くなる)による多飲多尿の症状も見られます。
高カルシウム血症は腎臓に負担がかかりますので、腎臓のケアも大切になってきます。

犬の肛門嚢アポクリン腺癌の治療

手術

治療の第一選択となります。
しかし、診断時には高確率で腰部へのリンパ節転移が認められることから、術後、放射線治療や抗がん剤治療を組み合わせて行うことが多いです。

抗がん剤治療

残ったがん細胞や、転移巣にアプローチするために使用することがあります。
最近は、分子標的薬を使用することもあります。
しかし、アポクリン腺癌は悪性度が高く抗癌剤も効き難い癌ですので、抗癌剤治療を行わずに犬の体力やQOL(生活の質)を維持することを優先する獣医師も少なくありません。

放射線治療

アポクリン腺癌の第一選択肢は手術ですが、手術後に残ったがん細胞や、転移巣にアプローチするために放射線治療を追加で行う事もあります。
また手術が困難な場合、状況によっては放射線治療を行う事があります。

手術後の再発率が高いがん

アポクリン腺癌の手術後の局所再発率は約50%、平均的な余命は約1 年という統計学的データーが出ています。
手術後でも安心せず、癌の再発・転移をできるだけ抑えていくために免疫力を整える取り組みはとても大切になります。

犬の肛門嚢アポクリン腺癌の予防法

こまめにボディチェックを行い、肛門周りにシコリが無いかどうかを確認してあげましょう。
もし、気になるシコリが出来ている場合には、早めに主治医を受診してください。

ご愛犬の肛門嚢アポクリン腺癌対策

肛門嚢アポクリン腺癌の治療は完治させるものではありませんので、その子ご自身の体力と免疫力が予後に大きく関わります。

コルディ与えていただく事で免疫力をアップさせ、腫瘍の増大抑制、再発防止にお役立てください。
アポクリン腺癌の改善例もあります。

完治できるか・できないかはわかりませんが、少なくとも食欲がでて元気を取り戻せる可能性は十分あります。

もちろん予防においても、安全性の高いコルディは安心して使うことができます。医薬品のような副作用は心配がありません。肛門嚢アポクリン腺癌に限らず、がんは予防をすることが一番良い方法です。

日頃の体調維持・管理にコルディをお役立ていただければ幸いです。

肛門嚢アポクリン腺癌で抗癌剤治療を勧められたら期待できる治療効果と副作用でQOL(生活の質)が悪化することはないのかをしっかりと確認し、治療を受ける・受けないをご判断されることをお勧めします。

抗癌剤治療を受けると決断したら、免疫対策のコルディ肝臓・腎臓のケアとして国産SPF豚由来プラセンタキス末で副作用対策を行う事でQOL(生活の質)改善が期待できます。


コルディや国産SPF豚由来プラセンタキス末のご相談やご使用に関してご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。


メールアドレスの入力だけで簡単にコルディ資料請求
コルディ電話TEL:048-474-0813
コルディメール相談

症例報告
あわせて読みたい