猫に組織球肉腫が発生することは稀ですが、組織球肉腫は極めて悪性度が高いため急速に全身へ転移し、死亡する悪性の腫瘍です。抗癌剤や放射線の反応も悪いため予後は非常に厳しいですが、免疫の取り組みを行う事で体調が改善したりQOL(生活の質)を維持し元気食欲を回復させる事はできると考えています。実際コルディで免疫対策をすることで猫の癌をコントロールできた例は多数あります。

このページでは組織球肉腫の原因や症状、治療法、改善・完治のヒントなどをまとめました。改善例も多数紹介しています。皆様の心の支え、希望の光となることができれば幸いです。


メールアドレスの入力だけで簡単にコルディ資料請求
コルディ電話TEL:048-474-0813
コルディメール相談

組織球肉腫とは

組織球肉腫とは、間質樹状細胞由来の悪性腫瘍で、猫での発生は稀ですが極めて悪性度が高いため急速に全身に伝播・転移を引き起こします。

樹状細胞は、免疫システムの中で異常情報を、Tリンパ球に提供する役割を担っています。
この樹状細胞が腫瘍化するため、免疫異常をきたします。

猫における特定の部位の組織球性肉腫の発生はまれであり、品種による発生の相違や好発部位、性差などはほとんど報告されていません。

猫の場合には、多巣性、播種性が見られます。

原因

発生の原因は明確に分かっていません。
免疫異常による疾患です。

症状

主に複数の臓器に浸潤するため、その発生部位に依存した臨床症状(消化器系なら嘔吐や下痢など)を呈します。

治療

猫における組織球肉腫の報告がほとんどないため、治療法も確立されていません。
抗がん剤を使用する場合もあるようですが、ほとんど効果が期待できません。

放射線治療の場合には、麻酔のリスクも考慮しなければなりません。

放射線や抗癌剤治療を受けると決断したら、免疫対策のコルディ肝臓・腎臓のケアとして国産SPF豚由来プラセンタキス末で副作用対策をすることでQOL(生活の質)改善が期待できます。

抗癌剤関連記事

組織球肉腫の予防

明確な予防法はありませんが、腫瘍は慢性炎症の一つでもあり、細胞が傷つくことで発生することから、有害物質摂取をさせない、肥満にさせないなども予防の一つと考えられます。

組織球肉腫の猫の予後改善のため

猫の組織球肉腫は明確な治療法が確立されておらず、手の施しようがないと言われることもあるようです。
しかし、自身の免疫力を安定化させることで、諸症状の緩和や腫瘍の進行を抑えられることは珍しくありません。

コルディを併せて与えていただく事で免疫力をアップさせ、腫瘍の増大抑制、再発防止にお役立てください。
組織球肉腫が完全に治らなくても、元気や食欲を維持し肉腫の進行を抑えられれば、ご愛犬と楽しい時間を過ごせるようになります。

もちろん予防においても、安全性の高いコルディは安心して使うことができます。
医薬品のような副作用は心配がありません。組織球肉腫に限らず、がんは予防をすることが一番良い方法です。

日頃の体調維持・管理にコルディをお役立ていただければ幸いです。

コルディのご相談やご使用に関してご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。


メールアドレスの入力だけで簡単にコルディ資料請求
コルディ電話TEL:048-474-0813
コルディメール相談

あわせて読みたい