肝臓は沈黙の臓器といわれており、肝機能が多少悪くなってもはっきりと症状は出ません。しかし肝臓の働きが悪くなると特徴的な症状がでてきますので注意深く観察してあげてください。もし肝機能悪化の兆候があればプラセンタがおススメです。あわせてコルディで免疫対策ができれば肝機能が悪化していても短期間での改善も期待できます。

プラセンタ改善例
メールアドレスの入力だけで簡単にコルディ資料請求
コルディ電話TEL:048-474-0813
コルディメール相談

肝機能の不調(肝疾患)

犬・猫・ペットの肝臓機能が悪化した場合、どのような症状が見られるのでしょうか。
・元気がない
・食欲が落ちる
・痩せてくる
・嘔吐、軟便、下痢
・お水をよく飲む
・おしっこの回数が増える、量が増える
・黄疸(歯茎や白目部分、耳介が黄色っぽくなる)
・むくんでいる
・出血しやすくなる          など。

前述した通り、肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれるだけあって、初期の段階では無症状のことがあります。
元々偏食気味の子ですと、食欲がないという症状も「いつもの好き嫌いかも…」ということで見逃してしまうこともあるかもしれません。
症状から肝臓の疾患に気付くのはやや困難ですが、血液検査をすることで肝臓の異常を把握することが出来ます。
定期的な健康診断で、肝臓に異常がないかどうか、早めに気付いてあげることが重要です。

肝疾患の原因

細菌感染やウイルス感染、長期の薬剤投与、肥満、毒物の摂取、腫瘍、外傷、先天性の異常、特定の犬種(例:ベドリントンテリア、ウエストハイランドホワイトテリア、ヨークシャーテリア、ミニチュアシュナウザー、マルチーズ、シーズー)など様々な原因が考えられますが、原因を特定するのは難しいと言われています。

下記にワンちゃんとネコちゃんの肝臓に関する病気の記事をリンクしてありますので、ご覧いただけたら幸いです。

犬の肝臓に関する病気について
猫の肝臓に関する病気について

 

肝臓は体内の中でも重要な臓器の1つです。
肝臓への負担を軽くすることで、ワンちゃん・ネコちゃんの健康維持も期待できます。
日頃からケアすることが重要となりますので、肝臓機能のサポートが出来るプラセンタを取り入れてみてはいかがでしょうか。

弊社お勧めのプラセンタ 国産SPF豚由来プラセンタキス末については、こちらをご参照ください。

体に負担をかけない肝臓癌・肝臓病対策

犬や猫、ペットの肝臓が心配な方、既に肝臓の病気を患ってしまっている方。元気食欲回復のためには国産SPF豚由来プラセンタキス末を1~2ヶ月与えることで良化傾向が期待できます。

肝機能が改善すれば、少し量を減らしつつも国産SPF豚由来プラセンタキス末を続けていただくと、肝臓が元気になるだけでなく、皮膚の状態や毛並み・毛ヅヤが良くなってくると思います。

プラセンタやBCAA、クリルオイルについてのご相談やご使用に関してご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。

監修獣医師:林美彩  所属クリニック:chicoどうぶつ診療所

代替療法と西洋医学、両方の動物病院での勤務経験と多数のコルディの臨床経験をもつ。 モノリス在籍時には、一般的な動物医療(西洋医学)だけでは対応が困難な症例に対して多くの相談を受け、免疫の大切さを痛烈に実感する。
ペットたちの健康維持・改善のためには薬に頼った対処療法だけではなく、「普段の生活環境や食事を見直し、自宅でさまざまなケアを取り入れることで免疫力を維持し、病気にならない体づくりを目指していくことが大切である」という考えを提唱し普及活動に従事している。

プラセンタ改善例
メールアドレスの入力だけで簡単にコルディ資料請求
コルディ電話TEL:048-474-0813
コルディメール相談

症例報告
あわせて読みたい