基底細胞腫は猫の皮膚に出来る腫瘍として1番多く見られる腫瘍と言われています。皮膚の表面に腫瘍が形成される以外に目立った症状はなく、良性の場合は転移もほとんどしませんが、まれに基底細胞腫から悪性の基底細胞がんへ移行するケースがありますが免疫の取り組みを行う事で体調が改善したりQOL(生活の質)を維持し元気食欲を回復させる事はできると考えています。実際コルディで免疫対策をすることで猫の癌をコントロールできた例は多数あります。

このページでは基底細胞腫の原因や症状、治療法、改善・完治のヒントなどをまとめました。改善例も多数紹介しています。皆様の心の支え、希望の光となることができれば幸いです。

猫の基底細胞腫とは?

基底細胞腫とは、猫の皮膚の表面のうち、 一番下層である基底という部分にできる腫瘍で、皮膚がんの一種です。
猫の皮膚腫瘍の中で最も発生率が高く、皮膚腫瘍の30%程度を占めると言われています。

ほとんどが良性腫瘍なので、転移することも稀ですが、悪性の発生(悪性の場合は、基底細胞がんといいます)もあるため、注意が必要です。

猫の基底細胞腫の原因

この病気の原因はまだはっきりとはわかっていませんが、遺伝子の変異と言われています。
比較的中高年の猫に発症することが多いと言われています。
また、紫外線が原因とも言われており、とくに被毛が白い猫に多く発症が見られます。

猫の基底細胞腫の症状

皮膚にイボのような固いシコリとして発見されます。
腫瘍が出来た部分は、脱毛が見られることもあります。
頭部や頚部、体幹に発生しやすい傾向があります。

前述した通り、悪性の可能性は低いですが、良性から悪性(基底細胞がん)へ移行するケースもあります。
そのままにしていると、腫瘍の範囲が広がってきたり、深く浸潤したりします。

良性の場合には色素沈着がみられますが、悪性の場合には色素沈着は見られません。

猫の基底細胞腫の治療法

手術

基底細胞腫は、他の皮膚腫瘍と比較して転移の可能性も少なく、危険性の低い皮膚がんですが、稀に悪性に移行することがあるため、発見したら手術により摘出するのが望ましいとされています。
ただ、ご年齢やご体調などを考慮し、すぐの手術が難しい場合には、経過観察で様子を見てあげましょう。

猫の基底細胞腫の予防法

皮膚にできる腫瘍のため、紫外線を浴びる量に気を付けることが大切です。
また、早期発見のためにも、日頃からスキンシップやブラッシングなどを行い、皮膚の状態をこまめにチェックしてあげてください。

もちろん「しこり」や「おでき」が見つかっても、そのほとんどは良性であり、がんではありません。
過度の心配はいりませんが、動物病院で診てもらえば万が一という不安がなくなります。

ご愛猫の皮膚に異常がみつかったら、できるだけ早めに動物病院を受診されることをお勧めします。

ご愛猫の基底細胞腫の予後改善に免疫のチカラを

基底細胞腫では、まず手術による腫瘍の摘出が第一選択ですが、ご年齢やご体調などで手術を行うことが難しい場合があります。
手術時には麻酔をしますが、麻酔は免疫の働きを狂わせてしまいます。

手術時の麻酔による免疫力低下や、基底細胞腫治療時の免疫対策にコルディを与えて頂き、腫瘍の増大抑制、再発防止にお役立てください。
コルディは医薬品のような副作用は心配がありません。基底細胞腫に限らず、がんは予防をすることが一番良い方法です。

コルディのご相談やご使用に関してご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。

監修獣医師:林美彩  所属クリニック:chicoどうぶつ診療所

代替療法と西洋医学、両方の動物病院での勤務経験と多数のコルディの臨床経験をもつ。 モノリス在籍時には、一般的な動物医療(西洋医学)だけでは対応が困難な症例に対して多くの相談を受け、免疫の大切さを痛烈に実感する。
ペットたちの健康維持・改善のためには薬に頼った対処療法だけではなく、「普段の生活環境や食事を見直し、自宅でさまざまなケアを取り入れることで免疫力を維持し、病気にならない体づくりを目指していくことが大切である」という考えを提唱し普及活動に従事している。


メールアドレスの入力だけで簡単にコルディ資料請求
コルディ電話TEL:048-474-0813
コルディメール相談

あわせて読みたい